お腹を満たしてスーパーへ行こう!

私がやっている節約方法はスーパーにお買い物に行くときにはお腹がすいた状態で行かないという事です。出来るだけ昼食後に行くように心がけています。これはお腹がすいた乗タでスーパーに行ってしまうと、まず自分のお昼ご飯を色々と買ってしまいます。しかもそんなにお昼に食べられないでしょうと思うくらい、お惣菜を買って海苔巻きを買って、カップラーメンを買ってと次々に籠に入れてしまうのです。お腹がすいているものだからなんでも美味しそうに見えてしまっているのですね。買い物から帰ってすぐに、料理せずに食べれるものをついついいっぱい買いこんでしまいます。
なのでお腹がすいた状態でスーパーに行かないように時間帯を工夫しています。どうしてもお腹がすいた状態でスーパーに行くときはそのスーパーでいったん何か一口で食べれるようなものを買ってそれを買い物の前に食べるようにしています。小さい菓子パンとかマフィンとかですね。そこで一息ついてから買い物するようにしています。

 

この節約方法はテレビでもおなじみの森永卓郎さんが実行している方法です。森永卓郎さんはスーパーのお買い物の前にうまい棒を買って食べていました。これもいい方法だと思います。味の濃いものを事前に食べることで割と食欲って満たされますからね。あとお腹が満たされた状態で買い物をすることによって冷静にいるものといらないものを区別できるので節約になると思います。何となくは気付いていた方法ですが、経済評論家の森永卓郎さんがお薦めしている方法という事で確信が持てましたね。 一か月の支出の中で削りやすいところはやはり食費です。外食も含めて飲食代にかかるお金は結構家計の負担になっています。ここを節約して子どもの学費、塾の費用に充てたいと思っています。今年受験生を抱えているので入試が近づくにつれて塾の金額が上がってきます。自分の銀行口座から「夏期講習代」「冬期講習代」などの項目でお金がどんどん引き落とされていきます。受験生がいるので貯めたお金で旅行とか行くのは来年になりそうです。